土浦全国花火競技大会


茨城県土浦市 2000/10/7 18:00~ お薦め度:5 場所取り困難度:3 渋滞度:4


1週間前の土浦の天気予報は雨でしたが、開催日が近づくにしたがって、どんどん回復し、当日はピーカンの天気となりました。

(AM)
5時に出発する予定で目覚ましをかけたのですが、気付けば6時です。長野道から中央道、首都高、常磐道へと向います。今年から、体育の日が月曜日に移動して3連休となった為、長野に向かう下り線には多くの車が走っています。

(AM)
山梨県と東京の県境付近を走っていると、路肩から突然が飛び出してきました。しかしこの犬、一気に道路を渡りきるわけではなく、路上をウロウロしています。あわてて、強めのブレーキングをしながら車線を変更して犬を避けると、横で仮眠していたmooraが起きあがって、
「あ~、びっくりした 何?何?」
と言うので、犬の説明をすると、
「そうなんだぁ」
と言い再び眠ってしまいます。あとで、その時の事を聞くと
「居眠り運転でも、したのかと思ったから起きたけど、犬だって言うから、また寝ちゃった
と、暢気な事を言っていました。
こういう日は、なぜか同じような事が続くもので、30分後にはカラスが路上に降り立ったまま、ギリギリになるまで飛び立たず、ブレーキを踏みました。再び起き上がったmooraには、
「今度は、カラス!」
と伝えると、安心したのか再び眠ってしまいます。

(AM)
首都高、渋滞中 ・・・・

(AM)
やっと渋滞も解消し、常磐道に入ります。途中の守谷SAは、大変な人込みです。10時30分、桜土浦ICに到着です。料金所に臨時駐車所の地図があるので、1部貰います。会場までの道路は、比較的空いていておよそ15分ほどで駐車場に到着です。

(AM)
撮影場所の確保に向います。今の風向きだと、桟敷席後方の土手が、よさそうです。この土手は、一般無料席となっていて、12時まで場所取りが禁止されています。すでに土手の上には、場所取りの人達が待機していますが、まだまだ疎らな感じです。土手の上を歩いている途中、各地の花火大会でよくお会いする花火マニアな方々に挨拶をしつつ、スターマインの正面までやってきました。昨年も、この場所で撮影したのですが、ここなら風向きも良好ですし、尺玉、スターマイン共に、35mm程のレンズで撮影出来ます。
Gochoさんとmimimimiさんが合流し、4人でこの場所から撮影する事にします。花火フリークさんは、3D撮影のため、少し離れた人込みの少ない場所からの撮影にするようです。

(PM)
正確には11時50分過ぎ、待ちきれない人が、
「もう、10分切ったから、誤差誤差!」
と言いながら、場所取りを始めました。私達も、土手の一番上を確保です。

(PM)
近くのファミレスで昼食です。場所確保が出来た安心からか、4人で色々な話しをしているうちに、どんどんと時間が過ぎて行きます。ふと気付くと、店内のトイレ待ちの列が長く続いています。店の入り口を見ると、入店待ちのお客さんでいっぱいです。丁度、電車でやってきたhey-chanから電話があり、すでに桟敷席後ろの土手は、ものすごい人込みになっているそうです。慌てて店を出ます 時間は4時を過ぎています

(PM)
一旦、駐車場に戻り、カメラ機材を持ち、撮影場所に向います。hey-chanの言う通り、土手の上は多くの人でごった返していて、カメラケースを人にぶつけないように歩くのが大変です。本来土手の上の通路は緊急車両用だそうですが、その通路にも2重3重の人垣が出来ています。人込みのなか、やっと撮影場所に到着です。風向きは、午前中と変わらず、こちらから打ち上げ場所に向けて吹いています。打ち上げ時間が近づくと、花火大会説明のアナウンスが入ります。丁度、正面の桟敷席にスピーカーが置かれていて、良く聞こえます。一通り、説明が終わった後、今度は英語で説明をしています。
(PM)
打ち上げ開始です。土浦全国花火競技大会は、今年で69回目となります。プログラムNo93まであり、すべてが競技花火です。10号玉1発の競技が45業者、スターマインが22業者、5号創造花火7発が22業者、参加しています。暗算が得意な人は気付いたと思うのですが、業者数は 45+22+22 = 89 で、プログラムNo93 では、業者が4つ少ないです。実は、プログラムNoの 4,42,44,49 が欠番になっています。なんとも日本らしいです 今年は、土浦市制施行60周年記念として、ワイドスターマイン、8号玉60連発が打ち上がります。

プログラムは、尺玉5業者、創造花火2業者、スターマイン2業者のペースで進みます。最近の尺玉は、八重芯は当たり前となり、三重芯、四重芯、さらには五重芯も出てきています。でも、一瞬で消えてしまう花火ですから、四重、五重を、数えるのは、至難の技です。重を数えるあまり、盆の形や星の抜け等には、目が行かなかったりと、なかなかすべて見ることが出来ません。勿論、撮影もしなければいけないで大変です。
それに比べて、スターマインの玉の一つ一つの出来よりも、打ち上げのタイミングや構成が問われます。土浦は全国でもかなりレベルの高いスターマインが揚がります。それだけに、上手い下手の差が歴然と現われてしまいます。

打ち上げ後半になると、かなり冷え込んできました。風向きに変化はなく、相変わらず好条件で観覧できています。お目当ての業者が、後半に控えているので、気合を入れなおして、撮影します。プログラム終盤には、レベルの高い10号玉、スターマインが次々と揚がり、観客を魅了します。お目当てだった業者の作品も、かなり良い出来映えで満足です。20時30分過ぎ、ほぼ予定通りプログラムが終了した後、スポンサーの仕掛け花火が揚がり始めましたが、すでに照明が点灯されてしまい、ほとんどの人が帰り始めていて、見ている人はあまりいませんでした。

夕飯を食べていないので、露店で少し腹ごしらえです。花火が終了すると、おまけしてくれる露店があるのですが、今回も、たこ焼き100円引き、イカ焼き1パイの値段で2ハイ売ってもらいました。駐車場に戻り車の温度計を確認すると、16度でした。11時半頃には、ほぼ渋滞も解消し家路につきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする