2001年カウントダウン花火


長野県穂高町 2001/1/1 00:00~ お薦め度:2 場所取り困難度:1 渋滞度:2


いよいよ、21世紀に突入です。
昨年は、「ミレニアム」と騒がれ、今年は「21世紀」と騒がれています。カウントダウン花火のほうは昨年に増して今年のほうが各地で打ち上がるようです。我が家から車で1時間以内の範囲でも6箇所で打ち上げがありますが、昨年同様、今年も穂高町のカウントダウン花火に向かいます。

(PM)
打ち上げ場所に向かいます。すでに2回観覧した場所なので風の具合を見つつ、前回とは別の場所から撮影を試みます。ただ田舎なので、どこから撮影しても夜景はポツポツと見えるだけで、それほど違いはありません。風は微風で、気温も長野県の冬とは思えない4度です。
打ち上げ場所付近の堤防道路の空き地に車を停め、カメラをセッティングします。打ち上げ場所からは400mほど離れていて、周りには誰もいません。ここ穂高の花火大会も、前回のクリスマスイブ花火同様、路上駐車した車の中から観る事が出来るのどかな花火大会です。
ひとまず車の中に戻り、打ち上げを待ちます。しばらくすると車が集まり出し、道路の片側の路肩には、ずら~と車が並びます。打ち上げ場所に近づいていっても停める場所が無く、Uターンしてくる車もあります。
打ち上げ5分前、車を降りカメラに向かいます。

(PM)
打ち上げ場所の方から、カウントダウンの声が聞こえます。
「5、4、3、2、1、0」
その瞬間に、夜空がぱっと明るくなり、打ち上げが始まりました。打ち上げ場所中心付近からは、歓喜の声が聞こえてきます。風がとても弱く、煙の掃けが悪いので、スターマインが打ち上がると、見えなくなってしまいますが、適度な間隔で打ち上げられたので、まずまずの見え具合です。遠くを見渡してみると、あちらこちらで打ち上がっている花火が小さく見えます。約15分の打ち上げの最後は、冠菊の連打で終わりました。

打ち上げが終わると、穂高神社へ初詣に向かう車で渋滞します。私は神社とは反対方向に出て、渋滞なしで家路に着きました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする