古戦場フェスティバル大花火大会


長野県長野市 2003/9/6 19:00~ お薦め度:3 場所取り困難度:1 渋滞度:2


初めての観覧となる古戦場フェスティバル大花火大会です。真夏のシーズンからちょっと遅れて開催される花火大会で以前から気にはなっていたのですが、ネットを探しても詳しい情報が入手できず、主催者のHPの花火写真をみても、ちょっと?な感じの物で、なかなか行くきっかけが掴めなかった花火大会です。やっと昨年行く予定で主催者にメール連絡をとったのですが、生憎の雨模様で断念した大会です。

(PM)
本日も娘をばぁばにあずけて、mooraと二人、長野自動車道路を北上します。本日の会場は長野ICを降りてすぐの八幡原史跡公園で、戦国時代、武田軍と上杉軍が戦った川中島の合戦の舞台です。

(PM)
会場に到着です。まず最初にやらなくてはいけないのは、打ち上げ場所の確認です。史跡公園の横を流れる千曲川で揚げるものだとばっかり思って、ずっと堤防道路を歩くのですが、見えるのは河川敷に広がる田んぼと畑で、花火の筒らしきものは見えません。仕方ないのでプログラムを貰う為に会場に向かうと、特設ステージの先で、筒発見です(写真右)。公園内での打ち上げは無いと思っていたのですが、公園の端に筒がセットされています。メイン会場と打ち上げ場所までは、保安距離+αなくらいの至近距離で、撮影にはまだまだ後ろに下がる必要がありそうです。

  

無事、筒が発見でき撮影場所の見当もついたので、公園内を散策です。メイン会場のステージでは、名前も知らない見たことも無い 女性が歌っています。小高くなったところでは、上杉軍と武田軍の陣があります。(写真上 左:武田本陣 右:杉本陣)
本部席でプログラムを貰います。びっしりと147番まで打ち上げがあります。1つのプログラムは、5号1発や5号5発早打ちといったものですが、実に2時間の打ち上げです。公園内を一周すると、お腹も空いてきたので、公園の近くに峠の釜飯で有名な、おぎのやのドライブインがあるので、釜飯を食べる事にします。丁度時間帯が中途半場だったのか、残りは1つしかなく、「次が炊き上がるまで、暫くお待ちください」の看板が出ています。釜飯を食べていると何発が雷が揚がり、その煙は結構な勢いで、南西に流れています。

(PM)
カメラを持って、撮影場所に移動です。今日の風ではメイン会場は風下です。公園の横を流れる千曲川の堤防道路は、午後1時から花火終了まで、近隣の住民以外は通行止めとなっているので、堤防道路を風上になる場所まで歩きます。一緒に歩いていたほかの観覧客は、全員メイン会場に吸い込まれていく中、私とmooraだけは薄暗くなってきた堤防道路を風上を求めて歩きます。打ち上げ場所から、3、400m離れた堤防道路上で三脚を構えます。ここには私とmoora以外は誰もおらず、時々、メイン会場に向かう近所の人が通るだけです。写真を撮るなら風上のこの場所がベストなのに、他に誰もいないって事は、写真を撮る人はいないんだなぁと思っていると、三脚を持った人が1人歩いてきます。お!やっと真剣に写真を撮る人がきたなぁと思っていたら、数年前から各地の花火大会でお会いしている方です。ご無沙汰の挨拶をして、一緒に撮影する事にします。結局、他に人がやってくる事なく、撮影準備完了です。

(PM)
今年で10回目となる古戦場フェスティバルは、地区の活性化と同時に、ここ川中島の地に死した幾千の霊の追悼の意を込めて開催されているそうです。
打ち上げは最大は5号玉で、プログラムは主に3号の早打ちと、5号の単発・早打ち、スターマインの繰り返しです。途中、19時20分 19時40分 20時00分 20時20分 20時40分と20分おきに、特大スターマインが打ち上がるようです。
ほぼ定刻通り打ち上げ開始です。花火にはやや強い風ですが、風上に陣取ったおかげで、良い条件で見られます。ただ、会場でのアナウンスは全く聞こえないので、次に何が打ちあがるかは、プログラムだけが頼りなのですが、1つのプログラムが、5号玉3発とか、3号玉5発といった同じようなものを何度も繰り返すので、よくプログラムを見ていないとどこまで進んだかわからなくなってしまいます。2時間で、147プログラム+10のスターマインが予定されているので、ほとんど休みなしで次々と打ちあがります。単発・早打ちで揚がる5号玉は、半端じゃなく素晴らしく、何度も、「おっ!」と声をあげてしまいます。20分おきの特大スターマインも、その都度、内容が異なり、、まさに「見せる」花火大会です。1社が2時間担当するので、同じ玉も何度か揚がりますが、次はどんな5号玉が揚がるか、次はどんなスターマインと常に期待させられ、あっという間に2時間が過ぎます。打ち止めは、2箇所からの特大のスターマインで、最後は、冠菊で終了です。

(PM)
ゆっくり片付けをして駐車所に戻ると、すでに渋滞はなくスムーズに長野ICへ向かいます。料金所入り口で検問をしていましたが、なんだったんでしょう?免許書拝見だけで終わりましたが、飲酒検問だったんですかね?

高速道路はスムーズで、家路につきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする