第103回長野えびす講煙火大会


長野県長野市 2008/11/23 18:00~ お薦め度:5 場所取り困難度:2 渋滞度:3


本日は、8年ぶりとなるmooraと二人で出かけるえびす講です。子供が生まれてからmooraはえびす講へ行って無かったのですが、子供も成長して、じぃじとばぁばの家に泊まる事が出来るようになりました。

(PM)
長野に向け出発です。出発時間、到着時間、利用する駐車場と、この3年間毎年同じで、今年も順調です。

(PM)
駐車場に到着して、シャトルバスに乗ります。大人往復600円を支払って、バス乗車です。今の時間であれば、まだ周辺道路も渋滞していないので、15分ほどで会場到着です。

(PM)
会場に着く時間も大体おなじなので、空いている撮影場所もだいたい同じです。この同じなのが、気分いいんですよね。(場所取りに苦労すると、打ち上げ前にクタクタになりますからね)堤防道路を歩くと、沢山の知り合いに会います。今年の諏訪湖で知り合った湘南いせはら芸術花火の主催者の方にもお会いして、いよいよ2009年4月に第1回が開催できるとのこと。是非、都合つけて行きたい旨を伝えます。

(PM)
みょーに、ハイテンションな実行委員長の挨拶があり、打ち上げ開始です。今年のアナウンスの女性は、かなり花火に詳しい感じです。茅野の花火もそうですが、花火好きな人にアナウンスしてもらうと良いですね
開幕のスターマインの後は、もう十発一斉打ちです。ここは、あせらずウォーミングアップをかねて撮影です。

打ち上げ中盤は、全国十号玉新作花火コンテストです。この打ち上げは一発勝負なので、撮影にも気合が入ります。お気に入りの業者の打ち上げも無事成功し撮影も成功して、ほっと一安心です。

年々、豪華さが増している音楽花火の打ち上げです。が、何かトラブルがあったらしく、なかなか打ち上がりません。しかし、こんな時でも、さすがプロのアナウンサー。いろんな話題で話をつなぎます。それでも、まだ打ち上げが開始できないようで、結局、次のプログラムを先に打ち上げた後、改めて音楽花火の開始です。曲はルパン3世のオープニングテーマ。よく知っている曲だということもあるのでしょうが、リズミカルな打ち上げに魅了されまくりです。地上の炎まで制御していて、いやー、本当にすごい! 待たされた事なんて、ふっとんでしまうほどの完成度の高さです。もちろん周りの観客達の歓声も本日1番です。
音楽花火があまりにも凄すぎた為か、残りの打ち上げが寂しく感じます。ラストは十号十発一斉なのですが、ここまでのプログラムに何度か組み込まれていたこともあり観客の盛り上がり度もイマイチです。私が勝手に構成をさせてもらうなら、最終プログラムを、さっきの音楽花火で音楽の流れの最後に十号十発一斉で締める なんてのはどうでしょう

(PM)
20時10分。予定よりやや遅れて終了です。片付けをして、コンテストの表彰式をちょっと覗いてバス停へと向かいます。バス待ちやトイレ待ちで、いくつかの長い列が出来ていますが、いざバス待ちの列に並ぶと、バス2台を待つだけで乗車できます。帰りの道路はさすがに混んでいますが、30分ほどの乗車で駐車場到着です。ただいまの気温は4度。これまた、だいたいいつもと同じ気温でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする