クリスマス・イブ花火大会


長野県豊科町 2002/12/24 19:00~ お薦め度:2 場所取り困難度:1 渋滞度:1


ここ数年ではめずらしい、辺り一面真っ白なクリスマスイブです。

打ち上げ場所付近の東屋と樹氷(後日撮影)

(AM)
クリスマス・イブとはいえ、普通の火曜日であることに変わりなく、いつものように会社に出勤です。本日の打ち上げ場所は、会社に向かう途中に見える場所なので、よく目を凝らすと、煙火業者のトラックが停まっており、すでに準備が始まっているようです。はやる気持ちを抑え、まずは出勤です。

時は、過ぎ・・・・

(PM)
会社にいても落ち着かないので、定時退社時間を待たずして会社を出ます。打ち上げ現場に到着すると、すでにほとんど設置作業が終わり、雪が積もった田んぼの中に筒が整然と並んでいます。知り合いの煙火師の方から、今日の打ち上げ内容をお聞きします。音楽花火が2セットとナイアガラが本日のプログラムです。ここ豊科の花火も一昨年は尺玉が揚がったのですが、同じ町内のダム湖に白鳥が飛来することから、白鳥を驚かせないようにと号数の小さな玉を揚げるように変更になっています。号数こそ小さいですが、もともとは尺玉が揚がった場所ですので、5箇所からのワイド打ちがセッティングされています。さらにその斜め手前には、クレーンで吊ったナイアガラが設置されています。号数が小さいので保安距離も短めで、観覧場所も比較的近くに設定されていますが、ワイド打ちを全部写真に収めるには、ここよりもう少し後ろに離れる必要があります。観覧場所の後ろは一面田んぼですので、好きな場所が選べるのですが、さすがに積雪のある田んぼの中では下が安定しないので、田んぼ道で撮影する事にします。

(PM)
辺りはすっかり薄暗くなってきました。肝心の天候は思わしくなく、雨のような雪のような粒々が降っています。ここでカメラ機材をとりに一度自宅に戻り、実家に娘をあずけてきたmooraと合流して再び現場に向かいます。18時からの、豚汁無料サービスをお目当てに約20分前に駐車場に到着すると、なんと私達が1台目の車です。駐車場から豚汁無料サービスをしている本部までは、所々で火が焚かれ道案内&暖房の役目をしています。

(PM)
本部にはすでに消防団の人達がたくさん集まり豚汁を食べています。早速、1杯ずつ頂きます。すでによく煮込まれていて非常においしい豚汁です豚汁の他にも、ケーキ・ホットワイン・熱燗の日本酒・おでん等が、すべて無料の大盤振る舞いです。豚汁を食べ終えてもまだ打ち上げには時間があるので、しばらく火の近くで暖を取ります。火の近くからちょっと離れると、あっという間に体が冷え切ってしまうほど、寒くなってきました。風向きも刻々と変化して、とても場所選択が難しい状態です。
打ち上げ30分前になり、機材を車まで取りに行き、撮影の準備に入ります。先ほど、下見した場所に来たのですが、風の調子が良くありません。完全に止まったり、逆風になったり。。。ただ、今回は音楽花火なので、この場所の反対側では、音楽が聞こえないので、この場所に賭ける事にします。撮影の準備をしていると、花火を見に来た人達に「寒いのにご苦労さん!」と励まされます。打ち上げ15分前に、打ち上げ間近を知らせる雷が揚がります。だたこの雷も、いままで聞いた事がない、とても静かなもので、白鳥に気を使っているのがわかります。

(PM)
本部席付近で実行委員の挨拶が始まり、しばらくすると照明が消され、いよいよ打ち上げです。♪ジングルベル♪の曲が流れはじめ5箇所から次々と打ちあがります。流れてくる曲も♪きよしこの夜♪もろびとこぞりて♪と変化し、それに合わせて花火の種類・打ち上げ方が変わります。クリスマスっぽい赤や緑色を使った花火も打ち上がります。約5分間の打ち上げが終わり、観客からも歓声があがります。
引き続き、ナイアガラが点火されます。私達の場所からは距離がありますが、本部席の目の前なので、そこで見ている人はかなりの迫力なはずです。2分ほどで、ナイアガラが終了し、再び音楽花火です。
今度は、ワムの♪ラスト・クリスマス♪で始まり♪Happy X’mas♪I’m Dreaming Of A White Christmas♪とテンポ良く変化していきます。しかし常に変化していた風向きが最悪の状態となり、本部席付近で見ていた人達が、完全に煙の中に入ってしまいます。私たちの位置からも、花火はほとんどが煙の中です。5箇所からのワイド打ちが、とても気持ち良く揚がっているのに残念です。最後は銀冠で終了です。打ち上げ後、見ていた人達から大きな拍手がおこります。
花火終了後、結局駐車場には30台ほどの車しか停まっておらず、あっという間に家路についたのでした。

(後日談)
充分に白鳥への配慮をした花火大会だったのですが、残念ながら花火の音にびっくりして数羽の白鳥が飛び立ったそうです。主催者は来年のこの時期の花火を取りやめる決定をしました。
ただ、花火大会を完全にやらない訳ではないらしいので、是非、別の時期に開催して頂きたいと思います。
個人的には、全国的にも花火大会が少ないゴールデンウィークに開催してもらうと、寒さに震える事もなく、楽しく観覧できるかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする