茅野市納涼花火大会


長野県茅野市 2007/8/13 19:30~ お薦め度:4 場所取り困難度:2 渋滞度:2


諏訪市のお隣、茅野市の納涼花火大会です。私がここの観覧を始めた7、8年前に写真撮影をしているのは、私達夫婦、Gochoさん、花火フリークさんなど、数名程度だったので、私達の間では、「超穴場の花火大会」と勝手に呼んでいたのですが、ここ数年は沢山の花火マニアの方々が集まるようになってきました。ちょっと行くのが遅れると撮影場所確保も危ういので、臨時駐車場の開門PM 5時に合わせて出発です。

(PM)
5時ジャスト、会場に到着です。途中の道も混雑する事なく、予定通りの到着です。15分ほどすると、開門前から並んでいた車もすべて駐車場に入り、現在はスムーズに駐車場に車が入ってきます。
茅野の花火の撮影場所といえば、定番のバックネット前ですが、三脚の数は昨年よりやや少なめな感じです。花火撮影復活宣言をしたmooraは、やや前方にシートを敷き、子供達と一緒に座っての撮影です。
商工会の方からは、恒例のオリジナル団扇とプログラムを貰います。プログラム34番、今年も群蝶あります!

(PM)
今年から開始時間が30分繰り上がり、7時からとなりました。私が6月に問い合わせした時は7時30分と返事をもらっていたのですが、変更になったようです。まだ明るい中、打ち上げ開始です。風向きは、向かって右から左(南からの風)です。
プログラムは全部で40あり、最大で尺玉が揚がります。プログラム1つ1つのスポンサーを読み上げてからの打ち上げになります。そして、花火が打ちあがった後は、(多分)日本一、花火に詳しいアナウンサーの解説が入ります。今年も、その解説ぶりは、ますます磨きがかかっています。地元の煙火業者が、全国レベルの煙火師であることの説明等、ご当地情報満載の解説で会場を盛り上げます。

今日の風は気まぐれで、強く吹いて花火を流したかと思えば、弱くなって煙が停滞したりと、悩まされます。おまちかねのプログラムNO34の群蝶の打ち上げ順なのですが、前に打った花火の煙が停滞していて、このままでは群蝶が煙の中です。が、さすが花火をわかっているアナウンサー。「煙が流れるのを待ちます」と、暫く間をあけてくれます。そして、煙が流れると、「カメラマンさーん、群蝶です。綺麗に撮ってくださ~い」とエールまで送ってくれます。夜空に打ち上がった蝶達は、今年も元気に舞ってくれます。

8時40分、プログラム40番「2008年にまたお逢いしましょう」で打ち上げ終了です。最後に花火師さんに向かって感謝の「ありがとう」コールを送り、それを受けて花火が打ち上がる、会場が一体になるイベントもだいぶ定着してきました。

(PM)
さて、子供達と一緒だったmooraは大丈夫だったかと様子を見に行くと、なんとか無事に撮影が出来たようです。ただ、打ち上げ中に子供達が飽きてきたらしく、mooraに色々ちょっかいを出して撮影を邪魔してたようです。撮った写真を見ると、明らかに三脚をけられたカットも存在してます

道路の規制が解除され、駐車場から車が続々と出て行きます。今年は、なぜか?駐車場から出る車は右折しか出来ないように規制されています。私達は片付けに時間がかかるのと、花火マニアな人達と話をしているうちに、あっという間に車が少なくなり、警備の人から「そろそろ出てください」とお願いされます。この頃には、駐車場からの右折規制も解除され、左折して家路に着いたのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする