きそふくしま花火大会


長野県木曽町 2016年7月23日 19:00~ お薦め度:3 場所取り困難度:2 渋滞度:2


毎年、7月22日固定開催の「きそふくしま花火大会」です。

今年は金曜日、来年は土曜日になるので、日にち固定ではありますが、観覧しやすくなります。木曽町に向かっている途中に激しい雨が降ってきますが、局所的なものだったらしく会場周辺では、全く降っていなかったようです。

3時(PM)

福島小学校の臨時駐車場に車を停めます。メイン通りに向かうと露店の準備が始まっています。そのメイン通りにある「菓子蔵喜しろう」に行けば、誰かしら花火仲間がいるはずなので、向かってみます。予想的中!何人もの知ってる顔がそこにあります。

「菓子蔵喜しろう」の店主とも仲良くして頂き、その時の様子をBlogに書いてもらいました。

5時(PM)

楽しいひとときを過ごした後は、実行委員の方々にご挨拶をして、撮影ポイント決めです。木曽町らしい風景を入れた花火写真を撮りたいと思い、Google Mapをみて、何箇所か候補を絞ってきたのですが、花火の打ち上げ方向とのバランスがしっくりこず、結局はさっきまでいた菓子蔵喜しろう」さんと花火をコラボレーションする事にします。

7時(PM)

まだ明るい空ですが、打ち上げ開始です。昨年や一昨年は曇空だったので、この時間でもなんとか写真になりましたが、今年の空は明るすぎて花火写真には辛い時間帯です。しばらくはノンビリ花火をみて、暗くなるのを待つことにします。

ここ「きそふくしま花火大会」は、小高い山の中から打ち上がるり、その下に線路がある為、電車通過時は、花火の打ち上げを一旦止めて、電車の通過を待つという珍しい花火大会です。

電車がダイヤ通り運行されていれば、予定も立てられるのですが、今日は、ゲリラ豪雨の影響でダイヤが乱れているようです。

8時(PM)

雨が降り出してきました。私の前で観覧していた人達も一斉に雨が避けられる軒下に移動しています。傘を指して撮影を継続しますが、雨粒がレンズにつくので、写真撮影が難しい状況です。田村煙火店の代名詞でもある群蝶も雨のなか、ちょっとお疲れ気味の様子です。

9時(PM)

終了後、観光協会でご挨拶をした帰り際、「あるよ!」でおなじみの俳優「田中 要次」さんが立っていました。地元木曽町出身の俳優さんで等身大の人形をつくったのだそうです。腕に産毛があるなど、リアルな作りにある意味怖かったのですが、観光大使をして頑張ってくれる事でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする