サマーナイトファイヤーフェスティバル


長野県諏訪市 2009/9/7 20:15~ お薦め度:3 場所取り困難度:2 渋滞度:3


毎年、自宅の地区イベントと重なってしまっていて、昨年は疲労のあまり行かなかったので、2年ぶりの観覧となります。聞くところによると、毎年人気が出てきているようなので、今年は2年前より早い14時に到着です。

(PM)
いつもは数台の空きがある湖畔の駐車場ですが、今年は満杯です。。。 仕方無いので、少し離れた駐車場に停めて歩くことにします。第1回目の時は、もっと遅い時間でも、場所取りシートが5,6枚しか見当たらなかったのが、今年はこの時間で最前列はもう埋まっている感じです。右の写真のように、三脚が遙か向こうまでずらーっと並んでいます。三脚の列が最前列に並ぶと、他の観覧客とトラブルの元なんですよねー。来年からはこの場所は諦めることにしましょう。8月15日の湖上祭や昨日の新作花火に比べたら全然余裕なのでしょうが、穴場花火大会が普通の花火大会の大変さになった感じです。

(PM)
ひとまず場所取りは出来たのですが、辛いのがあと5時間もの暇つぶし。自分だけだったらいくらでもいいのですが、子供たちが5時間もの間、いい子にしているわけがありません。おやつや折り紙を持ち込んで、必至に相手します。

(PM)
子供たちが楽しみにしている諏訪湖1周の遊覧船です。何度も諏訪湖に来ていますが、子供たちと一緒に乗船するのはいつもmooraなので、私は一度も乗ったことがありません 遊覧船が打ち上げ現場近くを通るので、mooraに現場写真を頼みます。残された私は、他の花火仲間とゆっくり談笑です。

(PM)
現地での夕飯調達が大変なのはわかっているので、前もって準備してきたのですが、今日は思ったより気温が上がり、水分が無くなってしまいます。近くのコンビニに行くと、臨時のレジが増設されているにもかかわらず、レジ待ちの行列だけで店内に人がいっぱいです。アイスやジュースの在庫もほぼゼロです。
メイン会場では、太鼓演奏のステージの準備が進んでいます。さぁ、あと3時間。子供たちの暇つぶしに付き合います。次女が異常にテンション高く、このままでは寝てしまうでしょう


(PM)
諏訪湖畔が夕焼けで綺麗に染まった後、やっと諏訪湖周辺の宿に泊っている方々へのイベントの太鼓の演奏が始まりました。私達一般人の場所からは音しか聞こえず、演奏している様子はよく見えません。約40分のイベントの後いよいよ花火打ち上げです。

(PM)
太鼓演奏の最後と重なるように花火の打ち上げ開始です。元々この花火大会は8月1日から毎日打ち上げているサマーナイトファイヤーフェスティバルの最終日なので、メインの打ち上げ内容は毎日打ち上げられていたものと同じで、湖上祭や新作花火に比べたら小規模で質素な打ち上げです。 が、そこは最終日。これで終わるわけはありません。普段は無い尺玉打ち上げが入り、観客を喜ばせてくれます。そして最後はみんな期待の水上スターマインです。湖上祭に比べたら超短縮版でいきなりクライマックスを迎える感じです。子供達も、ちゃんと水上スターマインをみるのは初めてで、興奮してシャッターを押しています。
打ち上げが終わった途端長女が、「あ~、カメラ壊れちゃった!」と騒いでいます。どうやらレリーズを押しても反応しなくなったようです。一度、電源を切ってから、撮った写真が残っているのか確認しようと再生ボタンを押すと、なぜかシャッター音が?えっ?水上スターマインの爆圧でカメラが壊れた?でも、こんな話聞いたことないし、なんだろ・・・? しばらくしてから再び電源を入れてみると、普通に戻りました。ん~。なんだったんだろう?

(PM)
予想通り寝てしまった次女を起こし車へと戻ります。多少混雑はありますが、今日は交通規制がないので諏訪湖にしては渋滞解消も早く、花火終了1時間後には諏訪湖を後にしたのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする