ふるさと夏祭り花火大会


長野県安曇野市三郷 2008/8/9 20:10~ お薦め度:3 場所取り困難度:1 渋滞度:2


観客は地元中心で、気軽に観覧ができるうえに結構満足する安曇野市三郷地区の花火大会です。
本日は、花火を近くで見たことが無いという親戚御一行様を連れて観覧です。私達花火愛好家は「花火を見た」というと、打ち上げ場所から400~500m以内で見ることを指しますが、一般の人達の「花火を見た」の発言は、花火が視界に入れば良いらしく、数Kmも離れた花火であっても、「花火を見たよ」と宣言されてしまいます

今日連れてきた親戚達も例外なく、
「花火みた事ある?」
「何回もあるよ」
「花火はどのくらいの大きさだった?」
親指と人差し指で輪を作って
「このくらい」
「・・・・・」
一瞬、固まりかけたけど、気を取り直してさらに質問。
「もしかして、今まで見た花火は、全部その位の大きさ?」
「そうだよ」
「・・・・・」

っという事で、本当の花火の楽しみ方を、教えてあげることしました。
(PM)
いつもより沢山の人が移動するので出発準備に時間がかかり、いくらなんでも遅すぎたかなと思っていましたが、なんとか車を停めることができ観覧場所確保です。

(PM)
毎年、打ち上げ直前のビンゴ大会が延びて花火開始が遅れるのですが、今年はビンゴ当選者が早い段階に出て、予定通り進行してます。

20時10分。予定通り打ち上げ開始です。小さな花火しか見たことが無い親戚御一行様は、経験した事がない音と光にかなり興奮気味です。
そんな中、
「このくらいの花火は当たり前だけどね」
という雰囲気を出して冷静に写真を撮っているつもりなのですが、周りに興奮している親戚がいると、なんだかこっちも興奮して撮影ペースが乱れます

三郷地区名産のリンゴの型物が入ったリンゴスターマインは、このリンゴスターマイン自体が名物になるほど、かなりこの花火大会になじんできました。ラストは、是非とも親戚御一行様に見てほしかった金冠菊の連打です。お祭り花火としては異例な規模の冠菊連打です。
かなり満足してもらえたようで、帰りの車の中でも、まだ興奮してます。

翌日の帰り際にプリントした写真を渡すと、非常に喜んでもらえて、ホストとしては合格だったかなと、満足したのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする